タイトル

裁縫と針

裁縫に使用する型紙の違いと裁断の仕方

裁縫の作業をする前に型紙を使って布を裁断する必要があり、洋服の場合は、作り慣れている人や裁縫の専門の教育を受けている人なら、自分で製図をして、好みのパターンに直すことができますが、そうでない場合は、パタンナーの専門店のサイトやメーカーの型紙、書籍の付録の製図から、好みのデザインを選んで利用します。
パタンナーの製図やメーカーの製図は、縫いしろ付きになっていて、そのまま線の通りに切るか、製図用の薄手の紙を使って写したものを切るかして、布の裏側にまち針で留めて、布を裁断した後は外します。
特に合印以外の印付けをしなくても済むので、ミシン縫いに向いています。
針穴の側に目盛りに合わせて、縫い代の幅に合わせて布を置いて縫います。
手縫いの場合は、縫いしろが付いていない書籍の付録の方がやりやすいです。
幾重にも図が重なっている場合が多いので、薄手の製図用紙を用意し、写してから紙を切ります。
布の裏側に紙を留めて、定規を使って所定の縫い代の線を、布用のペン等で引きます。
布を輪にして、左右対称に型紙を取る場合は、ルレットと両面複写用の印付けの紙を用意すると便利です。
裁断したら、製図紙は取り外して縫います。

裁縫の本の実物大の型紙の使い方

裁縫の本の、とじ込み付録のような型紙は本誌から切り離して、別の紙に写しとって使います。
「合印」「つけ位置」「あき止まり」「布目」なども忘れずに写しとり、パーツの「名称」も書き込んでおきます。
縫い代をつけて型紙を切りますが、縫い合わせる箇所の縫い代は原則として同じ幅にして、でき上がり線に平行に縫い代をつけます。
延長して縫い代をつけるときには、写しとる紙の余白を残して、縫い代を折り返して切り、縫い代が不足しないようにします。
布の素材の性質(厚み、伸び分)や、あきの位置(後ろ中心、前中心など)縫製方法によって縫い代幅は変わってきます。
必要な合印は、でき上がり線に対して直角に入れるようにします。
そして、必要な型紙を布の上に置いてみます。
このとき、布の折り方、布目の方向(たて地)などを注意しながら配置して、裁つときに布を動かすとずれますので、布地を動かさないようにしながら、身体を動かして裁断していきます。

Valuable information

Last update:2017/12/1

『裁縫 型紙』 最新ツイート

@YGO_0803

@kerokeromks @aki_YGO この子のお洋服作ってみたいんですけど、裁縫経験とかもはやマイナスレベルなので、型紙とか布とか全然わからないのです… https://t.co/AgrMSx6I9w

31分前 - 2018年10月18日


@manamicky64

型紙を作って組み立て(裁縫)たらこんな形になりました!うんうんよきかな。次はサテンにゴールドレザーにキラキラにとこの型紙を元に作ります!35周年ミニーちゃん辛すぎ!ハピエストサプライズ 娘にするんだ!仮装ディズニー誕生日にする為に… https://t.co/TcXRsSyYCm

2時間前 - 2018年10月18日


@shima_haruka

@yuzeri_drop わたしは元々裁縫好きなのもありますが、ぬいぐるみの洋服の型紙無料配布してくださってる方がいて、作り方や縮小拡大率も詳しく書いてくれてるのでいつもそこを参考にしてます!(アケチくまのツイートに紹介載せてます)

6時間前 - 2018年10月17日


Copyright 2015 裁縫と針 All Right Reserverd.